top.jpg

2008年11月16日

再び現地を廻りました。

深沢地区の代表佐藤かさんとフットパスの会の安在さん、そして私で現地を廻りました。
IMG_1910_320.JPG

IMG_1896_320.JPG

スタッフの配置や細かなコース取りを確認しながら、縁側カフェを出店する皆さんへのご挨拶。
IMG_1904_320.JPG

皆さん初めての経験ということで「いったい、どうやってやればいいんだろう」不安そう。でもしっかりとメニューや店のレイアウトを考えていたりして、このフットパスへの期待が感じられました。

何しろこの地区の人口の10倍以上の人が来ちゃうんだから、軽トラで通りがかるおじさんも気が気でない様子。
IMG_1907_320.JPG

あらたにこんな腰掛けスポットや
IMG_1909_320.JPG

こんなビューポイントも発見
IMG_1903_320.JPG

来るたびに発見がある魅力的な場所です。



posted by 高安 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

佳境に入ってきました

フットパス祭り開催に向けての検討会も佳境に入ってきました。

軽食の出し方、縁側カフェのメニュー、当日の役割の分担などを実際の場面や状況を想定しながら話を進めました。
SN3E0639_256.JPG

秋の深沢地区を思う存分満喫していただくためにどんな受け入れができるのか。

特に今回は初の試みのフリーウォークスタイルのため事前のシュミレーションが大切になってきます。

今週末に再度、現地で確認を行います。




さて、深沢地区では“白いもの”はご法度。(隠れ里深沢地区では白い色の生き物は飼ってはいけない言い伝えがあります)

「と、なりますと実行委員の小澤さんはその白髪を染めなくてはなりませんね」に、戸惑う小澤さん↓
SN3E0640_256.JPG
posted by 高安 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

おもてなしの予行演習

フットパスまつりの開催地深沢地区の皆さん、おもてなしの予行演習とばかりにワインツーリズム山梨2008に出店しました。

IMG_1891_256.JPG

せっかく作った布製の看板、墨で書いた字が雨に濡れてピンチ。でもそんな苦難を乗り越えて深沢地区をアピール。

イベント終了前に見事に完売!

役目を果たして買物にいそしむ三枝リーダー
IMG_1894_256.JPG

私の大親友のこの方、この手のものは何を着させても、持たせても絵になるんでございまし。
posted by 高安 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

実地踏査

10月12日(日)フットパス祭り(11/30開催)の開催地深沢地区で実地踏査を行いました。
IMG_1531_256.JPG

フットパスの会そして地元の方々、さらには地元の高校の放送部員取材班が参加。
IMG_1527_256.JPG

大善寺を再興したとも言われる甲斐の豪族三枝守国隠匿伝説と深く関わる地域。不思議な本物がいっぱい。

IMG_1529_256.JPGIMG_1559_256.JPG

IMG_1570_256.JPG

これは開催が本当に楽しみです。
posted by 高安 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

フットパス祭り11/30(日)に決定!

今年も勝沼フットパス祭りを開催します!!
先日のフットパスの会にて11月30日(日)に決定しました。
SN3E0346_320.JPG

地元住民を巻き込んだユニークなフットパスを企画して行きます。

どうぞお楽しみに!

posted by 高安 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

柏尾坂広場完成記念フットパスツアー

前日は各地で大雨&大風に見舞われるなどヤキモキしましたが、フットパスには最適の天候となりました。
fp2008_0419AF.JPG fp2008_0419AS.JPG

今回は新撰組と官軍が一戦を交えた柏尾坂広場が整備されたのを記念してのフットパス。新撰組とは縁が深い日野市の観光協会のボランティアガイドをされている皆さんも同行して歴史を紐解きました。
fp2008_0419AH.JPG fp2008_0419BN.JPG

大善寺ではさらにくわしく新撰組が甲府に向けて進軍した時の様子を日野市の皆さんから説明していただきました
fp2008_0419CF.JPG
posted by 高安 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

UTYで勝沼フットパス放映

地元テレビ局UTYのウッティの木曜日で“勝沼タイムトンネル”と題して勝沼フットパスが紹介されました。
IMG_9678_200.JPG IMG_9679_200.JPG

もちろんご案内役は市の観光担当でもあり、フットパスの会の事務局でもある三森さん。

地元の菱山小学校の卒業生が二十歳になったときに飲む記念のワインを大日陰トンネル遊歩道を通ってトンネルカーブに納めるというシーンから始まりました。
IMG_9671_200.JPG

三森さんの登場は・・・〜中世までさかのぼり〜最近黒川金山の精錬所として脚光を浴びた勝沼氏の館を紹介するところからでした。テロップは街歩きのエキスパート!ヒューヒューかっちょいい!
IMG_9675_200.JPG IMG_9677_200.JPG

最後に4/19開催のフットパスツアーとかつぬま朝市でのミニフットパスの紹介で幕を閉じました。ご苦労様でした。最近では室さんよりメディア付いている三森さんでした。



posted by 高安 at 21:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

4月はやります!

かつぬま朝市と連動してのフットパス。2月は雪、3月はガイドさんの都合がつかず中止となりました。

でも4月は絶対にやります!

お試し勝沼フットパスガイドツアー@かつぬま朝市周辺 by かつぬま文化研究所
〜ワインの歴史コース〜

4月6日(日)
集合 かつぬま朝市会場 午前10時

かつぬま朝市とフットパスのコラボレーション!!
地元の陽気なガイドがご案内します

@護念寺・木村伊助の墓→A最古の甲州葡萄の木→B宮光園・ワイン資料館→C竜憲セラー→Dぶどうの国文化館→E山梨ワイン醸造
時間:午前10時〜 (所要時間1時間30分程)
集合場所:かつぬま朝市会場
実施最少人員3名
参加費は試行なので無料です
でも今後のためにアンケートに答えてね
posted by 高安 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

勝沼フットパス@朝市試行します

フットパス関係者各位

すいません今、異国におりましてhpサーバーにアクセス出来ないためここでお知らせします。

お試し勝沼フットパスガイドツアー@かつぬま朝市周辺 by かつぬま文化研究所
〜ワインの歴史コース〜

2月3日(日)
集合 かつぬま朝市会場 午前10時

かつぬま朝市とフットパスのコラボレーション!!
地元の陽気なガイドがご案内します

@護念寺・木村伊助の墓→A最古の甲州葡萄の木→B宮光園・ワイン資料館→C竜憲セラー→Dぶどうの国文化館→E山梨ワイン醸造
時間:午前10時〜 (所要時間1時間30分程)
集合場所:かつぬま朝市会場
実施最少人員3名
参加費は試行なので無料です
でも今後のためにアンケートに答えてね

申込み&お問い合わせはこちら
posted by 高安 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

蜂城山へ下見

第2回フットパス・ガイドツアーに来ていた釈迦堂遺跡博物館の館長さん「今度、釈迦堂遺跡フットパスもやるから!」と気合が入っていました。

「桃の花が咲く蜂城山さんは最高なんだから」と。

そんな話を聞きゃーねえ。と言うわけでお正月休みを利用して登ってきました。いずれは勝沼フットパスのルートになるかな?

もちろん桃の花なんて咲いてはいないのですが

標高738メートル、頂上には蜂城山天満宮があって信仰の山として崇められています。

はーいここが登り口です。笛吹市の鈴郷という部落のはずれ。なんとセギの中にもお石塔がたっていました。
IMG_8953_160.JPG IMG_8954_160.JPG

山の麓まで桃畑の間を歩いて行きます。桃の花の季節は良さそうですね。
IMG_8955_160.JPG

いよいよ山に入ります。するといきなりイノシシよけの柵。熊に注意の看板も。
IMG_8974_160.JPG IMG_8976_160.JPG

落葉樹の枯葉にまみれた柵を開けて進入。こりゃ里山というより列記としたハイキングだ。枯葉が滑りやすいや。
IMG_8956_160.JPG

20分ほど登っていくと針葉樹になってきました。
IMG_8957_160.JPG

コースから少し外れて笛吹市指定のヤマボウシの巨木
IMG_8961_160.JPG IMG_8962_160.JPG

登り始めてから40分ほどで頂上に着きました。信仰の山とはいえお正月なのに頂上には何のお供えも置いていませんでした。ちょっと淋しかったかな。
IMG_8965_160.JPG IMG_8969_160.JPG

この蜂城山はフットパスコースというよりハイキングコースですね。




posted by 高安 at 12:57| Comment(6) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。