top.jpg

2008年12月14日

引越しました

引っ越しました。

こちらです。

posted by 高安 at 11:18| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

参加者の声を紹介します

今回のフットパス祭りに参加してくださった山梨大学の皆さんの声を紹介させていただきます。

o山先生(県内屈指のドラマー)、ktさん、ouさん、muさん、ktさん貴重なご感想をありがとうございました。


<良かった点>
1-1駅〜大日影トンネル
・内田さんのガイドを聞くのは3度目だったが相変わらずよかった。

1-2ワインカーヴ
・三森さんにガイドしていただいた。龍憲セラーがあったことでワインの貯蔵にぴったり合うことを知っていた地元のアイディアは、近代遺産の有効活用法の最先端をいっていると思う。

1-3深沢集落
・4軒の縁側カフェと神社、それぞれを結ぶ場所に点在する馬頭観音などの歴史資源と魅力が溢れていた。
・集落の端に鎮座する大石神社でおにぎりを渡して、全体を歩いてもらうアイディアもとてもよかった。仮におにぎりがここでもらえなくても大石神社に来てよかったと思えるほど、神社自体も魅力的な空間だった。
・パンフレットに深沢の七不思議をのせていた点、モデルコースの設定もよかった。
・おにぎりが手作りだった点もよかった。
・4軒の民家では、各地で縁側に座って、食べて話してとついついのんびりしすぎてしまう魅力にあふれていた。各家の方々のおもてなしも最高だった。
・各民家の母屋、納屋、蔵も非常に魅力的だった。
・終わりかけの紅葉と風で舞う木の葉が太陽の光が当たってきらめく様子が何とも言えないほど美しかった。もう少し早い時期に開催していれば紅葉真っ盛りだったのにとは思うが、紅葉の盛りの絵を想像でき、また来年も来たい!と思わせるには、逆に丁度良い季節だったかもしれない。
・縁側カフェはとても良い企画だと思います(本当にゆっくりしてしまいました・・)
・おばあちゃんが縁側にいて、お話ししてくれたのが特に良かった。
・やまいちさんの奥さんの御所権現神社でのお話しは興味深かった。
・民家の縁側で休憩したり、ゆっくりと景色を見ることができました。
・ゆっくりした時間を過ごせました。
・おにぎりと味噌汁の引換券がついているのも良かったです。
・深沢集落は、川と元萱葺き屋根の民家と傾斜のきつい道路が印象的だった。日頃の運動不足のせいか、次の日足が痛くなった。
・大石神社の周りの木々の中に入るとうっすら暗くて、若干湿っているような感じだった。木の根元にコケが張っていたのが印象深かった。
・多くの地元の人がボランティアに参加していて、地元をもっと知ってもらいたいや盛り上げたいという気持ちが伝わってきた。

1-4ワインカーヴ〜柏尾坂〜勝沼堰堤
・室伏さんのガイドには乗り遅れた。堰堤で追いついたが、室伏さんの言葉は留まることを知らず、3時ぎりぎりまでガイドし続けてくれた。
・ゴールのおなじみのぶどうやワインのサービス、はしおきのプレゼントもさりげない感じでよかった。

1-5全体
・各地点にあった(時にはおしてくれた)手作りスタンプのデザインがよかった。
・芋版はよかった。
・ボランティアの方々もみんな楽しそうだった。
・案内人のお話がわかりやすい
・参加者同士、また行政者と参加者間に親近感がある
・なんといっても素晴らしい景色
・木々や山の紅葉がきれいでした。
・いい天気でよかったです。寒くもなく、暑くもなく。
・天気も最高で、地元の方々とふれあいながら、秋の休日をのんびりと楽しむことができた。
・みんなで歩くことで、先輩・地元の方・他の参加者など普段話すことのできない方々とお話ができてとても良かった。
・車などでなく実際に自分の足でゆっくり歩くことで、普段は見逃してしまいそうな小さな良さがいっぱい発見できた。


<気づいたこと・アイディアなど>
・駅からトンネルへのアクセス路や現在整備中の駅横の河川隧道方面へのアクセス路のデザイン(三森さんも話していたが、昔の獣道の良さを残しながら、革靴などでも歩きやすいように整備するには?→双方が満足する形に近づけられるか)。
・柏尾の昔の橋台の位置は、室伏さんのガイドを聞かないと説明看板だけではなかなかわかりづらい(→説明看板の内容を増やすか?)。
→フットパスのサインはだいぶ増えてきたが、これ以上は増やさないか、もう少し目立たない形でも良いと思う。一度目はガイドツアーに参加して、また別の季節に違う仲間を誘って、今度は自分がガイドとなって、仲間にガイドして・・・といったかたちでフットパスの輪が広がっていくと良いと思う(もうすでに広がっている?)。
また、今回のようにコースを変えていくことで、リピーターの参加も見込める上、新たな発見やつながりが生まれるので、次回も是非、また違った勝沼を紹介してもらえたらと思う。
・今回のコースは坂道が多く、少しきつかったです。個人的な体力不足かもしれません。
・トンネル内を蛍光灯ではなく、天井の電灯を点けたらいいと思います。
・大日影トンネル内の灯りが、蛍光灯でなく天井のランプの方が良いと思う。想像だが、オレンジっぽい色でレンガがよく映えると思う。
・トンネル内は鉄道トンネルらしく側壁の蛍光灯でよかった、天井の点灯は日中は不要と思います。
・個人的には夏の緑がいっぱいの中を歩いてみたいです。
・ガイドツアーで人数が多いと後にいると聞こえないので、いくつかのグループに分けるといいかもしれません。
・僕としてはおにぎりと味噌汁だけでなく、地元の料理・地元の物を使ったおかずの入ったお弁当が良かった。
・茣蓙(ビニールシート)でもいいからゆっくり座れる場所はほしかった。味噌汁おにぎりを立って食べている人も少なくなかった。
・ルート通りに進むとゴールが堰堤にあるため、その先にある大善寺本堂に寄れなかった。国宝の薬師堂を見たかった。大善寺本堂に行ったあとゴールするようなルートの方が良いと思う
・ワインカーブ→神社の往路も復路の旧道を歩いたほうがよかっのでは?
posted by 高安 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

勝沼に愛着があって

もうお一方、域外の強力な志民メンバーをご紹介します。

村田さんです。
DSC07117_256.JPG

なんと相模原から、フットパスの会のメンバーとして活躍していただいています。打ち合わせの会議だってお仕事を終えてそのまま勝沼に来てくれています。

大学時代はここ山梨で過ごした村田さん、勝沼に愛着があって、と。

その村田さんのご職業は定期バスの運転手さん。
きっとホスピタリティ溢れる運転をされているんだろうなあ。
posted by 高安 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

まさに玄人はだし

今回のスタンプラリー

縁側カフェ以外のポイントのスタンプ。域外の勝沼応援団の屋代さんがつくってくれました。
SN3E0684_256.JPG

まさに玄人はだしです。
IMG_1981_256.jpg

とんでもなく忙しいお仕事の傍ら、気分転換するがの如く夜な夜な、若干にやにやにながら、製作されている姿が目に浮かびました。

屋代さん、関谷さん(今回の地図も作ってくれました)、安在さん(何度も下見にいらしてくれてソフト面でアドバイスをくれました)行政コンサルタントのお仕事で勝沼にいらっしゃいました。

フットパスを教えてくれたのも彼らでした。

最初からそして今の今まで同じ目線で、溶け込みながら応援してくれています。
posted by 高安 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

最終的に米45キロ分のおにぎり

参加者の軽食どうしよう・・。

協力するはかつぬま朝市会です。

かつぬま朝市会といいましても、実際には朝市始まって以来のよき協力者の「こんにゃくおばちゃんグループのあいあいクラブさん」に○投げ状態です。

かつぬま朝市会もやる気はあるのですが、勝手がわからない。それに引き換えおばちゃんたちは、数百人分の食事にひるむことはなし。なんという頼もしさ、です。

前回までは“ほうとう”や“パン&スープ”を提供しました。
071202FP-09_256.JPG

そして今回は配布時間のこともあり“おにぎり”に決定。

「すいません。参加者約150人分おにぎりなんですが・・」

あいあいクラブ「そうだねえ、5升炊きがふたつあれば2回転でできそうだね。いいよ、やってあげるよ」

ところが・・
〆切り後の人数を聞いてびっくり。なんと230人+スタッフ30人。毎度事務局はこの調子です。

やがて、あいあいクラブの大島さんが打ち合わせに現れました。
「えっ?260人???」

しばらく唖然としていましたが、すぐに意を決したようにメモ帳に数字を書き始めました。
SN3E0681_256.JPG

「あのね、150人だと思ってきたら260人なのね。じゃお米は40キロは必要ね、具はね梅干を持ち寄るからいいわ、ラップは○本、必要ね、大きなボールが○個、各自家から一升ずつ炊いてきましょう、そうすれば時間の節約になるからね」

ビュンビュン話は進んでいきます。なんと心強いものか。

そして当日、お手伝いを志願してくれたgreenさんとあいあいクラブさん、総勢6名は早朝より、おにぎりと大格闘。
fp2008_1130AO_320.JPG

最終的には45キロのお米がふっくらおにぎりに。

終わって
「まったく人使いがうまいんだから!」とあいあいクラブさん。

こんな皆さんに勝沼フットパスは支えられています。
posted by 高安 at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

少しだけお付き合いを&レポート

今回の勝沼フットパス祭りにご参加くださいまして誠にありがとうございました。
IMG_1535_320.JPG


これほどの多くの皆さまに我が故郷勝沼を歩いていただき、心からうれしく思っています。

少しだけお付き合いください。

この勝沼フットパス祭り。事務局こそ甲州市ですが、実際は“甲州市市民”と“勝沼を愛する域外からの志民”が実行委員として企画運営にあたっています。

みんな仕事を抱え、家族を抱え、子育てをしながらの活動です。貴重な時を楽しんでいただくために“自分達が参加者だったらどうすれば楽しめるだろう”知恵と労力を出し合い、皆の気持ちがひとつになって実現しました。

今回は何より深沢地区の皆さんの「皆に来てもらいたい、そしておもてなしをしたい」そんな思いがいかに参加者の皆さまに伝わるか、何度も何度も話し合いを重ねフリーウォーク&縁側カフェ・ギャラリーを思いつきました。

初めての試みで至らぬ点もあったとは思いますが、何卒ご勘弁いただければ幸いに思います。

これを契機に深沢地区では“沢楽の道”を勝沼フットパスコースとして大切に活用して日常においてもできる限りのおもてなしをしたいということです。

とてもうれしく思います。

大きな成果が現れ、実行委員としても大きな喜びを感じています。



それでは簡単ですが写真をご覧ください。

縁側カフェの様子

拠点の様子

風景

準備・スタッフの様子


fp2008_1130BE.JPG

*スタッフ連絡
写真をお持ちで公開できる方、私、高安まで送ってください。

posted by 高安 at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

いらしてくれてありがとう

とても楽しい一日でした。

勝沼フットパス〜沢楽の道〜

この風景や情景がよみがえってきます。
fp2008_1130BO_320.JPG

fp2008_1130BE_320.JPG

IMG_1559_320.JPG


fp2008_1130BY_320.JPG

深沢地区は今も皆さんのぬくもりの余韻に浸っています。
いらしてくれてありがとう・・・

裏話も含めてレポートは少しずつお伝えしますね。

posted by 高安 at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

お申込みありがとうございます

あと一週間と迫ってまいりました。
勝沼フットパス祭り〜沢楽(さわら)の道〜
IMG_1911_320.JPG

おかげさまで募集定員を上回るお申し込みをいただいております

当日参加 500円(軽食なし)もできますのでお気軽にいらしてください。事前にお問合せいただければ幸いです。


甲州市観光課/資源整備担当(勝沼庁舎)三森、林

電話 0553-44-1111(代)

FAX  0553-44-0001
posted by 高安 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

もう少し深沢地区の風景を

もう少し深沢地区の風景をご紹介しましょうね。

まずはこちらをお読みになってください。
IMG_1525_320.JPG

欄干の無い橋です。
IMG_1536_320.JPG

大石神社です。今度のフットパス祭りではここでおにぎりを配布します。
IMG_1558_320.JPG

IMG_1567_320.JPG

ちょっとスリリングなコースも
IMG_1571_320.JPG

IMG_1574_320.JPG

楽しみですね。





posted by 高安 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

またまたおもてなし

現地廻りをして最後に立ち寄った実行委員の佐藤(か)さん宅。
(*実はこの地区には「佐藤さん」と「三枝さん」の姓しかありません。)

またまたこんなおもてなしを受けてしまいました。
IMG_1905_320.JPG

その佐藤さんの娘さんは絵が得意。私たちがいるときも山の絵を描いてくれました。

フットパス祭り当日、佐藤さん宅ではかつぬま朝市お馴染みの量太君が絵画のギャラリーも出展します。そのギャラリーの隣に可愛い絵を見かけたら、その可愛い娘さんの作品です。
posted by 高安 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

再び現地を廻りました。

深沢地区の代表佐藤かさんとフットパスの会の安在さん、そして私で現地を廻りました。
IMG_1910_320.JPG

IMG_1896_320.JPG

スタッフの配置や細かなコース取りを確認しながら、縁側カフェを出店する皆さんへのご挨拶。
IMG_1904_320.JPG

皆さん初めての経験ということで「いったい、どうやってやればいいんだろう」不安そう。でもしっかりとメニューや店のレイアウトを考えていたりして、このフットパスへの期待が感じられました。

何しろこの地区の人口の10倍以上の人が来ちゃうんだから、軽トラで通りがかるおじさんも気が気でない様子。
IMG_1907_320.JPG

あらたにこんな腰掛けスポットや
IMG_1909_320.JPG

こんなビューポイントも発見
IMG_1903_320.JPG

来るたびに発見がある魅力的な場所です。



posted by 高安 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

佳境に入ってきました

フットパス祭り開催に向けての検討会も佳境に入ってきました。

軽食の出し方、縁側カフェのメニュー、当日の役割の分担などを実際の場面や状況を想定しながら話を進めました。
SN3E0639_256.JPG

秋の深沢地区を思う存分満喫していただくためにどんな受け入れができるのか。

特に今回は初の試みのフリーウォークスタイルのため事前のシュミレーションが大切になってきます。

今週末に再度、現地で確認を行います。




さて、深沢地区では“白いもの”はご法度。(隠れ里深沢地区では白い色の生き物は飼ってはいけない言い伝えがあります)

「と、なりますと実行委員の小澤さんはその白髪を染めなくてはなりませんね」に、戸惑う小澤さん↓
SN3E0640_256.JPG
posted by 高安 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

おもてなしの予行演習

フットパスまつりの開催地深沢地区の皆さん、おもてなしの予行演習とばかりにワインツーリズム山梨2008に出店しました。

IMG_1891_256.JPG

せっかく作った布製の看板、墨で書いた字が雨に濡れてピンチ。でもそんな苦難を乗り越えて深沢地区をアピール。

イベント終了前に見事に完売!

役目を果たして買物にいそしむ三枝リーダー
IMG_1894_256.JPG

私の大親友のこの方、この手のものは何を着させても、持たせても絵になるんでございまし。
posted by 高安 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

フットパス祭り11/30(日)に決定!

今年も勝沼フットパス祭りを開催します!!
先日のフットパスの会にて11月30日(日)に決定しました。
SN3E0346_320.JPG

地元住民を巻き込んだユニークなフットパスを企画して行きます。

どうぞお楽しみに!

posted by 高安 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

柏尾坂広場完成記念フットパスツアー

前日は各地で大雨&大風に見舞われるなどヤキモキしましたが、フットパスには最適の天候となりました。
fp2008_0419AF.JPG fp2008_0419AS.JPG

今回は新撰組と官軍が一戦を交えた柏尾坂広場が整備されたのを記念してのフットパス。新撰組とは縁が深い日野市の観光協会のボランティアガイドをされている皆さんも同行して歴史を紐解きました。
fp2008_0419AH.JPG fp2008_0419BN.JPG

大善寺ではさらにくわしく新撰組が甲府に向けて進軍した時の様子を日野市の皆さんから説明していただきました
fp2008_0419CF.JPG
posted by 高安 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

UTYで勝沼フットパス放映

地元テレビ局UTYのウッティの木曜日で“勝沼タイムトンネル”と題して勝沼フットパスが紹介されました。
IMG_9678_200.JPG IMG_9679_200.JPG

もちろんご案内役は市の観光担当でもあり、フットパスの会の事務局でもある三森さん。

地元の菱山小学校の卒業生が二十歳になったときに飲む記念のワインを大日陰トンネル遊歩道を通ってトンネルカーブに納めるというシーンから始まりました。
IMG_9671_200.JPG

三森さんの登場は・・・〜中世までさかのぼり〜最近黒川金山の精錬所として脚光を浴びた勝沼氏の館を紹介するところからでした。テロップは街歩きのエキスパート!ヒューヒューかっちょいい!
IMG_9675_200.JPG IMG_9677_200.JPG

最後に4/19開催のフットパスツアーとかつぬま朝市でのミニフットパスの紹介で幕を閉じました。ご苦労様でした。最近では室さんよりメディア付いている三森さんでした。



posted by 高安 at 21:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

4月はやります!

かつぬま朝市と連動してのフットパス。2月は雪、3月はガイドさんの都合がつかず中止となりました。

でも4月は絶対にやります!

お試し勝沼フットパスガイドツアー@かつぬま朝市周辺 by かつぬま文化研究所
〜ワインの歴史コース〜

4月6日(日)
集合 かつぬま朝市会場 午前10時

かつぬま朝市とフットパスのコラボレーション!!
地元の陽気なガイドがご案内します

@護念寺・木村伊助の墓→A最古の甲州葡萄の木→B宮光園・ワイン資料館→C竜憲セラー→Dぶどうの国文化館→E山梨ワイン醸造
時間:午前10時〜 (所要時間1時間30分程)
集合場所:かつぬま朝市会場
実施最少人員3名
参加費は試行なので無料です
でも今後のためにアンケートに答えてね
posted by 高安 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

勝沼フットパス@朝市試行します

フットパス関係者各位

すいません今、異国におりましてhpサーバーにアクセス出来ないためここでお知らせします。

お試し勝沼フットパスガイドツアー@かつぬま朝市周辺 by かつぬま文化研究所
〜ワインの歴史コース〜

2月3日(日)
集合 かつぬま朝市会場 午前10時

かつぬま朝市とフットパスのコラボレーション!!
地元の陽気なガイドがご案内します

@護念寺・木村伊助の墓→A最古の甲州葡萄の木→B宮光園・ワイン資料館→C竜憲セラー→Dぶどうの国文化館→E山梨ワイン醸造
時間:午前10時〜 (所要時間1時間30分程)
集合場所:かつぬま朝市会場
実施最少人員3名
参加費は試行なので無料です
でも今後のためにアンケートに答えてね

申込み&お問い合わせはこちら
posted by 高安 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

蜂城山へ下見

第2回フットパス・ガイドツアーに来ていた釈迦堂遺跡博物館の館長さん「今度、釈迦堂遺跡フットパスもやるから!」と気合が入っていました。

「桃の花が咲く蜂城山さんは最高なんだから」と。

そんな話を聞きゃーねえ。と言うわけでお正月休みを利用して登ってきました。いずれは勝沼フットパスのルートになるかな?

もちろん桃の花なんて咲いてはいないのですが

標高738メートル、頂上には蜂城山天満宮があって信仰の山として崇められています。

はーいここが登り口です。笛吹市の鈴郷という部落のはずれ。なんとセギの中にもお石塔がたっていました。
IMG_8953_160.JPG IMG_8954_160.JPG

山の麓まで桃畑の間を歩いて行きます。桃の花の季節は良さそうですね。
IMG_8955_160.JPG

いよいよ山に入ります。するといきなりイノシシよけの柵。熊に注意の看板も。
IMG_8974_160.JPG IMG_8976_160.JPG

落葉樹の枯葉にまみれた柵を開けて進入。こりゃ里山というより列記としたハイキングだ。枯葉が滑りやすいや。
IMG_8956_160.JPG

20分ほど登っていくと針葉樹になってきました。
IMG_8957_160.JPG

コースから少し外れて笛吹市指定のヤマボウシの巨木
IMG_8961_160.JPG IMG_8962_160.JPG

登り始めてから40分ほどで頂上に着きました。信仰の山とはいえお正月なのに頂上には何のお供えも置いていませんでした。ちょっと淋しかったかな。
IMG_8965_160.JPG IMG_8969_160.JPG

この蜂城山はフットパスコースというよりハイキングコースですね。




posted by 高安 at 12:57| Comment(6) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

昔取った杵柄をフットパスに活用

9月に行ったフットパスでのひとコマ。

大日影トンネルの入口でトンネルごしに近づいてくる列車を当てるという妙技を三森さんが披露してくれました。

遊歩道に沿って走る現JRの下り線。トンネルの中からかすかに列車が近づいてくる音が。

「私が小さいときは近づいてくる列車の音で“特急”か“各駅停車”か“貨物”か当てることができました」

「今からやってみようと思います」
CIMG6265_320.JPG


タタンタタン、カタンカタン、ガタンダタン
だんだん列車が近づいて来ています。

すると三森さん
「特急です!」

その数秒後トンネルから顔を出したのは・・見事特急でした。
CIMG6266_320.JPG


生きていくにはさして必要も無い妙技ですが、この日ばかりはフットパス参加者から拍手喝采。一躍スターでした三森さん。

posted by 高安 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。