top.jpg

2008年01月30日

勝沼フットパス@朝市試行します

フットパス関係者各位

すいません今、異国におりましてhpサーバーにアクセス出来ないためここでお知らせします。

お試し勝沼フットパスガイドツアー@かつぬま朝市周辺 by かつぬま文化研究所
〜ワインの歴史コース〜

2月3日(日)
集合 かつぬま朝市会場 午前10時

かつぬま朝市とフットパスのコラボレーション!!
地元の陽気なガイドがご案内します

@護念寺・木村伊助の墓→A最古の甲州葡萄の木→B宮光園・ワイン資料館→C竜憲セラー→Dぶどうの国文化館→E山梨ワイン醸造
時間:午前10時〜 (所要時間1時間30分程)
集合場所:かつぬま朝市会場
実施最少人員3名
参加費は試行なので無料です
でも今後のためにアンケートに答えてね

申込み&お問い合わせはこちら
posted by 高安 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

蜂城山へ下見

第2回フットパス・ガイドツアーに来ていた釈迦堂遺跡博物館の館長さん「今度、釈迦堂遺跡フットパスもやるから!」と気合が入っていました。

「桃の花が咲く蜂城山さんは最高なんだから」と。

そんな話を聞きゃーねえ。と言うわけでお正月休みを利用して登ってきました。いずれは勝沼フットパスのルートになるかな?

もちろん桃の花なんて咲いてはいないのですが

標高738メートル、頂上には蜂城山天満宮があって信仰の山として崇められています。

はーいここが登り口です。笛吹市の鈴郷という部落のはずれ。なんとセギの中にもお石塔がたっていました。
IMG_8953_160.JPG IMG_8954_160.JPG

山の麓まで桃畑の間を歩いて行きます。桃の花の季節は良さそうですね。
IMG_8955_160.JPG

いよいよ山に入ります。するといきなりイノシシよけの柵。熊に注意の看板も。
IMG_8974_160.JPG IMG_8976_160.JPG

落葉樹の枯葉にまみれた柵を開けて進入。こりゃ里山というより列記としたハイキングだ。枯葉が滑りやすいや。
IMG_8956_160.JPG

20分ほど登っていくと針葉樹になってきました。
IMG_8957_160.JPG

コースから少し外れて笛吹市指定のヤマボウシの巨木
IMG_8961_160.JPG IMG_8962_160.JPG

登り始めてから40分ほどで頂上に着きました。信仰の山とはいえお正月なのに頂上には何のお供えも置いていませんでした。ちょっと淋しかったかな。
IMG_8965_160.JPG IMG_8969_160.JPG

この蜂城山はフットパスコースというよりハイキングコースですね。




posted by 高安 at 12:57| Comment(6) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

昔取った杵柄をフットパスに活用

9月に行ったフットパスでのひとコマ。

大日影トンネルの入口でトンネルごしに近づいてくる列車を当てるという妙技を三森さんが披露してくれました。

遊歩道に沿って走る現JRの下り線。トンネルの中からかすかに列車が近づいてくる音が。

「私が小さいときは近づいてくる列車の音で“特急”か“各駅停車”か“貨物”か当てることができました」

「今からやってみようと思います」
CIMG6265_320.JPG


タタンタタン、カタンカタン、ガタンダタン
だんだん列車が近づいて来ています。

すると三森さん
「特急です!」

その数秒後トンネルから顔を出したのは・・見事特急でした。
CIMG6266_320.JPG


生きていくにはさして必要も無い妙技ですが、この日ばかりはフットパス参加者から拍手喝采。一躍スターでした三森さん。

posted by 高安 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。